スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
<< 東芝家電、「偽装請負」と認定 大阪労働局が是正指導 | main | 黒澤8作品の格安DVD販売 東宝が差し止め求め提訴 >>

浮気した妻のウソで男性を射殺、夫は不問、妻は殺人罪



asahi.com 2007年04月01日15時23分



 米南部テキサス州の裁判所の陪審団はこのほど、レイプ被害に遭っているとうそをつき、浮気現場に居合わせた夫に相手の男性を射殺させたとして、故殺(計画性のない殺人)罪などで妻を起訴した。手を下した夫は、家族を守ろうとしただけと判断されて殺人に問われなかった。


 米メディアによれば、起訴されたのはトレーシー・ロバーソン被告(35)。昨年12月、夫が同州アーリントン市の自宅に帰宅したところ、小型トラックの中で見知らぬ男性と下着姿で抱き合う同被告を発見。同被告がレイプされていると叫んだため、夫は所持していた銃で男性を射殺し、殺人容疑で逮捕された。


 しかし、警察の調べで、ロバーソン被告が被害者の男性に「あなたの温かい抱擁が必要なの」とする携帯電話のメッセージを送信していたことが判明。同被告が浮気をごまかすため、とっさにうそをついていたことが露見した。(時事)





| 刑事 | 18:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

| - | 18:56 | - | - | pookmark |
Comment









Profile
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM
Sponsored links