スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
<< NHK、ねぎらいの言葉ない…橋下知事大いに不信感 | main | 橋下知事、35人学級見直しを指示 >>

通院交通費で439万円 航空機代も 大阪・岸和田市

asahi.com 2008年02月10日17時10分
 大阪府岸和田市が、生活保護を受けていた男性に、東京や福岡などの病院へ通う航空機や新幹線の運賃計約439万円を「通院交通費」として支給していたことがわかった。市は「適正な支給だった」としているが、生活保護の医療扶助として認められている通院交通費の支給をめぐっては、北海道で多額詐欺事件が明らかになり、厚生労働省が実態調査を進めている。
 市によると、受給男性は40代で精神疾患があり、「良い医師を探したい」として、06年8月に東京の病院へ航空機で行き、市は往復分約4万円を支給。その後も妻と一緒に航空機や新幹線で福岡市の病院へ計7回通った際の運賃約70万円など、07年3月の生活保護終了まで計210回にわたって通院交通費を認めた。
 通院交通費は「必要最小限」を条件に全額支給され、上限はない。市は男性が最初に東京へ通院したいと申し出た際は、交通費が高額になるため府社会援護課に相談したうえで「適正」と決定した。その後の通院先の変更は、男性の主治医の意見を聴いて認めていたという。
 厚労省は1月下旬、直近1カ月間を対象に、1回3万円を超す交通費について全国の自治体に実態調査を求めた。府社会援護課によると、大阪市や堺市など政令指定・中核市の4市を除く府内では、1回10万円を超すような不自然な支給はなかったという。

こんな甘い審査してるからお金がなくなるんだわね。
| 療育手帳 | 19:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

| - | 19:14 | - | - | pookmark |
Comment









Profile
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM
Sponsored links