スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
<< 放送事業者等から放送番組のための取材を受けた者が,取材担当者の言動等によって当該取材で得られた素材が一定の内容,方法により放送に使用されるものと期待し,信頼したが,放送された番組の内容が取材担当者の説明と異なるものとなった場合における放送事業者等の不法行 | main | 妄想型統合失調症による幻覚妄想状態の中で幻聴,妄想等に基づいて行った行為が「心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律」2条2項の対象行為に該当するかどうかの判断は,対象者が幻聴,妄想等により認識した内容に基づいて行うべきでな >>

中日応援禁止措置の無効求め提訴 2団体と会員ら

asahi.com 2008年6月19日12時0分
 プロ野球12球団と警察庁などでつくるプロ野球暴力団等排除対策協議会が、中日の私設応援団連合に加盟する2団体に対して、組織的な応援を許可せず、一部会員に全球場への入場を禁止した措置をめぐって、応援団と会員らが19日、12球団や日本野球機構などを相手取り、措置の無効確認などを求める訴えを名古屋地裁に起こした。
 訴えたのは私設応援団「名古屋白龍会」、「全国竜心連合」と、その会員ら105人。
 訴状によると、同会などが昨年12月、「特別応援許可規定」に基づき、08年シーズンの応援団方式での応援の「許可」の更新を申請したが、今年3月、更新の不許可と会員の一部を入場禁止とする通知を受けた。手続きに事前の聴聞や理由の開示がなく、異議申し立てもできないのは権利の乱用だとして、応援活動禁止措置は違法で無効だと主張している。
 さらに、試合を主催する球団などに対しては、こうした無効な措置に基づく応援団方式での応援と一部会員の入場などの妨害をしないよう求めている。
 また、会員らにとって応援団での応援は「自己実現の場」で、これらを奪われたことで精神的苦痛を被ったなどとして、1人当たり11万〜22万円の慰謝料を求めている。
| 行政 | 16:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

| - | 16:13 | - | - | pookmark |
Comment









Profile
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM
Sponsored links