スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
<< 土地区画整理、計画段階でも争える? 最高裁が弁論開く | main | コンビニエンス・ストアのフランチャイズ・チェーンの運営者は加盟店に代わって支払った商品仕入代金の具体的な支払内容について加盟店に報告すべき義務を負うとされた事例 >>

田んぼアート、広告いらない 地権者抗議で苗抜き取り - 社会

asahi.com(朝日新聞社)2008年7月4日15時0分
http://www.asahi.com/national/update/0704/TKY200807040155.html
青森県田舎館(いなかだて)村の名物「田んぼアート」が今年から採り入れたスポンサーの広告に、田んぼの地権者からクレームがつき、主催する同村むらおこし推進協議会(会長・鈴木孝雄村長)は4日午前、企業のロゴなどの部分の苗を抜き取った。

 田んぼアートは紫や緑など葉や茎の色の異なる稲を植えてつくり、田植えから1カ月半ほどで見頃を迎える。今年で16回目で、昨年は24万人が見学に訪れた。しかし、運営費がかさむため増収策を検討。地元新聞社の東奥日報社が創刊120周年記念の事業として、田んぼへの「広告掲載」を申し入れ、4月に同協議会で正式に決定した。広告料は200万円という。6月1日に田植えを終え、大黒様の図柄の下に、日本航空の「JAL」と「東奥日報120周年」のロゴを入れた。
 しかし、田んぼの地権者の佐藤隆司・前村長が6月下旬、広告掲載について「事前に知らせがない。企業の宣伝は許されない」と抗議。同協議会は3日、広告部分の苗の抜き取りを決めた。
 同協議会の事務局が置かれた同村産業課の太田信吾課長は「地権者への連絡が不十分だった。残念なことをした」と話す。
 抜き取り作業が行われた田んぼ周辺には、田植えを手伝った地元住民らも集まった。「せっかく植えたのに、抜かないでほしい」と納得のいかない様子の人もいた。

前の町長さんという割には,了見が狭いような。というか,そもそももったいない。
200万円も返すことになるのかな?
| 雑記 | 15:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

| - | 15:51 | - | - | pookmark |
Comment









Profile
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM
Sponsored links