スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
<< 衰弱知りながら給水停止・保護申請断る 障害者が孤独死 | main | 精子の保存期間、夫の生存中に限定 産科婦人科学会 >>

ブランダイスルール



1936年アメリカ合衆国最高裁アシュワンダー判決ブランダイス判事補足意見



  1. 友誼的・非対決的な訴訟手続においては立法の合憲性の判断をしない。

  2. 憲法問題を決定する必要が生ずる前に前もって取り上げることをしない。

  3. 憲法原則を,それが適用さるべき明確な事実が要求する範囲を越えて定式化しない。

  4. 憲法問題が記録によって適切に提出されているとしても,その事件を処理することができる他の理由がある場合には憲法問題について判断しない。

  5. 法律の施行によって侵害をうけたことを立証しない者の申立てに基づいて,その法律の効力について判断することはしない。

  6. 法律の利益を利用した者の依頼で,その法律の合憲性について判断するようなことはしない。

  7. 法律の合憲性について重大な疑いが提起されたとしても,その問題を回避できるような法律解釈が可能であるか否かをまず確認すべきである。





| 憲法 | 13:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

| - | 13:51 | - | - | pookmark |
Comment









Profile
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM
Sponsored links